MAGAZINES

キーボード・マガジン 2004年02月号

定価901円(本体819円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 176ページ / CD付き
発売日2003.12.27

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

フォローする

内容

■表紙&アーティスト特集:スケッチ・ショウ(NEIL AND IRAIZA堀江博久との対談!)

■表紙&巻頭スペシャル
スケッチ・ショウ

細野晴臣と高橋幸宏と言えば、本誌の愛読者やYMOフリークにとって憧れの存在であることは今も昔も変わりない。そんな2人が2002年に新たな バンド、スケッチ・ショウを結成して、温かみのある独創的なエレクトロニカ・サウンドを生み出していることは、既に多くの読者の知るところだろう。そして うれしいことに、この秋~冬にかけては2ndアルバム&ライブDVDという強力なリリースが続いた。そこで本誌はビッグな巻頭トーク・ショウを企画!ホス ト役を務めるのは、2002年末のスケッチ・ショウのライブにも参加したキーボーディスト堀江博久。ミュージシャン同士ならではの、そして本誌ならではの ざっくばらんなトークに、しばしの間お付き合いいただきたい。

■本誌初インタビュー!
チェスター・トンプソン(現サンタナ/元タワー・オブ・パワー)

1970年代~1980年代にかけて、タワー・オブ・パワーの一員として活躍していたチェスター・トンプソン。現在はサンタナのバンドに参加し、 ラテンを軸に独自の音楽を追求し続けるリーダーをバックアップするベテランだ。プロ・キーボーディストや本誌愛読者からの尊敬を集めてきた、世界的な ミュージシャンズ・ミュージシャンへのロング・インタビュー が、2003年11月のサンタナ来日公演をきっかけに実現!その生い立ちや、確かな演奏技術と豊富な音楽知識の習得、そして強靱なミュージシャンシップの 形成という経緯に迫ろう。

■特集【付録CD連動】
名曲で指トレ!

だれもが憧れる世紀の名曲......でも演奏するのは至難の技、という曲は多いですよね。でも、難しい曲を練習して弾けるようにするということは、取り も直さずフィンガー・トレーニングをしているのと同じこと。ポイントをきちんと押さえて練習すれば、憧れの曲をマスターできるだけじゃなく、さらなるパ ワー・アップにもつながります。今月はフィンガー・トレーニングの素材としてそんな名曲を集めるとともに、それらを弾きこなす準備段階としてオリジナル・ エチュードも用意しました。

■創刊25周年記念カウントダウン企画(1)
シンセサイザーの種類とサウンド

シンセ隆盛期の真っただ中に誕生した本誌キーボード・マガジンは、2004年7月号にて創刊25周年を迎える。その四半世紀という節目に向けて原 点にいま一度立ち返ろうと、シンセサイザーという楽器そのものをクローズアップする連載を企画した。今回はその第一回として、シンセの代表的な種類や仕組 み、定番音色を総覧できるような"シンセサイザー図鑑"を作成。シンセを取り巻く状況を俯瞰したい。

■特別企画【付録CD連動】
ALESISシンセサイザーの魅力

各種プロ・オーディオ機器で名をはせるALESISが、初めてシンセサイザーを世に送り出したのは1993年のこと。現在ではA6 AndromedaやIonといった超個性的なラインナップを擁する同社シンセサイザーの魅力を、これら2機種のレビューを軸として多角的に紹介してい く。

■インタビュー
吉田美奈子×西脇辰弥
ジャンニ・ノチェンツィ
松谷卓

■PRODUCTS REVIEW
NOVATION ReMote 25 Audio
EVOLUTION MK-461C
KORG Electribe・SX
ROLAND MV-8000
NATIVE INSTRUMENTS Intakt
ROLAND F-50

■Live Keyboard Setting
キンモクセイ

■セミナー
【新連載】ポピュラー・ピアノ奏法のルーツを求めて by デイヴ・リミナ
ジョーダン・ルーデス(ドリーム・シアター)のアドバンスト・テクニック
超パノラマ的★コード・ワーク発想法 by 坪口昌恭

■コラム
Ratty Finesses Show~ソフトウェア音源の最新事情を探る by 松前公高
ピアノ解体新書 by 三柴理&Clara
ジャズ・ピアノつれづれ話 by 佐山雅弘
ピアノマン、転がる by リクオ

■復刻!ビンテージ・スコア
YMO「京城音楽」(バンド譜)
10cc「アイム・ノット・イン・ラブ」(バンド譜)
マッドネス「シティ・イン・シティ」(オルガン譜)

■KM Monthly Score
aiko「えりあし」

■Avec Piano Scoreスペシャル(ピアノ譜)
平井堅『Ken's Bar』をピアノで弾く
「THE ROSE」
「WHEN YOU WISH UPON A STAR」
「大きな古時計」