MAGAZINES

ギター・マガジン 2021年8月号

  • リットーミュージック会員のご登録(無料)はこちら。

定価880円(本体800円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判
発売日2021.07.13

紙の本を買う

電子版を買う

オンライン直販について

フォローする

内容

【特集】ジョン・メイヤー
奇跡の本誌独占インタビューが実現!
ギタリストとしての現在地を本人が語る

bnr_gmweb.png

現代の新3大ギタリストの1人、ジョン・メイヤーが待望の新作『Sob Rock』をリリース!
80年代というコンセプトを掲げた今作について、なんと独占インタビューに成功した。
ジョンへの取材実現は、13年前に単独で表紙を飾った2008年9月号以来である。
本人が赤裸々に語ったギタリストとしての現在地、
そして、現代の音楽シーンにおける"ギター"の在り方とは?

3121111004_IN01.jpg

■写真でたどるジョン・メイヤーの愛用ギターたち
デビュー以来、ストラトキャスターをメインに据えつつ多様なギターを手にしてきたジョン・メイヤー。ここでは、現在の新たなトレードマークとして活躍するPRSシルバー・スカイに至るまでの愛用ギター遍歴を、写真とともに眺めていこう。

3121111004_IN02.jpg

■最新作『Sob Rock』徹底解説
ソロ名義としては通算8枚目となる新作『Sob Rock』。明確なコンセプトを設けた本作だが、実際のところどんなアルバムなのか? その謎を解き明かしていこう。次頁の全曲解説もご一読を!

3121111004_IN03.jpg

■SPECIAL INTERVIEW:ジョン・メイヤー 本誌独占取材で明かすギタリストとしての思考回路
それでは、ジョン・メイヤーの最新ロング・インタビューをお届けしよう。今回のリリースに際して、ジョンがインタビューに応じたのは国内では本誌のみとのこと。そこで、ここぞとばかりに"ギタリスト=ジョン・メイヤー"にまつわる多数の質問をぶつけてみた。ギター・メディアでのインタビューということもあってか、ジョンは今回、意図的にミュージシャン/ギタリストに向けて言葉を選んでくれたように思う。音楽を作る人に向けた貴重な助言がたくさん詰まっているので、ぜひじっくりと読み進めて欲しい。

3121111004_IN04.jpg3121111004_IN05.jpg

■バイオグラフィー
初の大規模ジョン・メイヤー特集ということで、この機会に改めて彼のこれまでの歩みを振り返ってみよう。トップ・セレブでありながら、ルーツ音楽とギターを愛し、ディープな音楽活動も大切にするジョン・メイヤーという男の半生とは?

3121111004_IN06.jpg

■MESSAGES TO JOHN MAYER:ジョン・メイヤーという"Gravity"
コリー・ウォン
アイザイア・シャーキー
トム・ミッシュ
トモ藤田

3121111004_IN07.jpg3121111004_IN08.jpg3121111004_IN09.jpg3121111004_IN10.jpg

■『Sob Rock』ギター・プレイ徹底分析!(※「I Guess I Just Feel Like」スコアは電子版には収録されておりません)
ここからは新作『Sob Rock』の中に散りばめられたジョン・メイヤーのギター・プレイを徹底分析! エレキによる洒脱なバッキング、味わい深いアコギの演奏、そして極上のトーンと音運びで魅せるギター・ソロなど、どのプレイも一級品のジョンのセンスを譜面で体感してみよう。先行リリースの「I Guess I Just Feel Like」はフルスコアを収録! お楽しみあれ。

3121111004_IN11.jpg

■国内ギタリスト12人が語るジョン・メイヤーへの愛。
ここではジョン・メイヤーを愛する国内ギタリスト12人が登場! 偉大なるギター・ヒーローへの想いをアンケート形式で語ってもらった。それぞれが違うプレイ・スタイルを持つ彼らから見たギター・ヒーロー=ジョンの魅力とは?

AKUN(SPiCYSOL)
阿南智史(never young beach)
荒井岳史(the band apart)
大山純(ストレイテナー)
小笹大輔(Official髭男dism)
Shinji(シド/fuzzy knot)
関口シンゴ(Ovall)
TAIKING(Suchmos)
竹内アンナ
THE CHARM PARK
水野良樹(いきものがかり)
モリシー(Awesome City Club)

3121111004_IN12.jpg

■ディスコグラフィ:ソロ・アルバム&ライブ盤をおさらい!
ジョン・メイヤーの歴代作品の中から、スタジオ録音作とライブ盤にフォーカスした全11作を一挙にご紹介 ! 骨太なブルースからアーバンなポップスまで昇華する現代のトップ・ギター・ヒーローがこの20年間で生み出した数々の良作を、今一度見つめ直していこう。ぜひとも音源を聴きながら本稿を読み進めてほしい。

■PRSとマーティンの最新シグネチャー・モデル
ここからはジョン・メイヤーの最新シグネチャーを2本、ご紹介しよう。稀代のギタリストのアイディアが盛り込まれたギターを弾けば、気分はもう新3大ギタリスト!?

3121111004_IN13.jpg

■GM SELECTION(※電子版には収録されておりません)
・「Neon」ジョン・メイヤー
・「Belief」ジョン・メイヤー

■フィッシュマンズとギタリスト 果てなきサウンド追求の旅。
1991年にデビューしたニッポンのバンド、フィッシュマンズ。90年代半ば、独自のダブ・ポップを生んだ"世田谷3部作"と呼ばれる作品群で評価を確立した彼ら。当時、メインストリームではギター然とした錚々たるバンドが群雄割拠する中、フィッシュマンズは"ギター・バンド"だとみなされていなかったかもしれない。でも時代が変わった今、改めて彼らの音楽を聴くとどうだろうか? まだ誰も聴いたことがない音を求め、ギターで実験し続けたスタジオ盤。その逆に、大胆なアレンジを施してギャンギャンとかき鳴らすライブ音源。それを聴けば、彼らが並々ならぬギターへのこだわりを持っていたことがわかるはずだ。実際、バンドのフロントマンである佐藤伸治も、"僕らはやっぱりギター・バンドだから"、と言っていたこともあるという。ではなぜ佐藤は、フィッシュマンズは、ギターにこだわったのか? それを解き明かすため今回、バンドを支えたギタリストたちに話を聞いた。ギター目線で考察して浮かんでくるフィッシュマンズの実像とはいかに?

3121111004_IN14.jpg3121111004_IN15.jpg3121111004_IN16.jpg3121111004_IN17.jpg

■デレクトラックス 『いとしのレイラ』愛を語る2万字インタビュー!

3121111004_IN18.jpg

■INTERVIEW
・ジュリアン・ラージ
3121111004_IN19.jpg
・浅井健一(AJICO)
3121111004_IN20.jpg

■THE AXIS' GEAR
・L'Arc~en~Ciel

■PICKUP
・俺のボス/すぅ(SILENT SIREN)

■連載
・トシ矢嶋のLONDON RHAPSODY
・マーク・スピアー(クルアンビン)の「此処ではない何処かへ」
・40枚の偉大な◯◯◯名盤 第8回:スウィング・ジャズ
・Opening Act/野田択也 & 鮨朗(peeto)
・ジャキーン!~『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』番外編
・横山健の続・Sweet Little Blues
・9mm滝のまたやっちゃいました~世界の滝工房から

■NEW PRODUCTS REVIEW
TRAVELER GUITAR/ULTRA-LIGHT EDGE
IBANEZ/AZS2200F-STB
PAOLETTI GUITARS/・STRATOSPHERIC LOFT HSS
RUOKANGAS GUITARS/DUKE SUPERSONIC
STERLING BY MUSIC MAN/CUTLASS CT50HSS
LANEY/CUB-SUPER12
XSONIC/AIRSTEP