MAGAZINES

キーボード・マガジン 2007年3月号

定価796円(本体724円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 182ページ
発売日2007.01.27

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

フォローする

内容

スティーヴィー・ワンダー来日直前特集~本人自らその偉大なる軌跡を語る

表紙:スティーヴィー・ワンダー

スティーヴィー・ワンダー来日直前特集
本人自らその偉大なる軌跡を語る


■アーティスト特集
◎スティーヴィー・ワンダー
1950年5月13日。アメリカ・ミシガン州で予定より約2カ月早くこの世に生を受けた男の子は、保育器の中で過剰に酸素を吸入したことが原因で失明し、その瞳からは永遠に光が奪われてしまう。しかし、彼の“心の瞳”は決して闇に閉ざされることはなく、次第に音楽という名の大きな希望の光へと向けられていく――弱冠12歳でショー・ビジネスの世界に飛び込み、その類い希なる音楽センスと創造力で瞬く間に聴衆を虜にした稀代のマルチプレイヤー/メロディメイカー、スティーヴィー・ワンダー。彼の約3年ぶりとなる来日公演決定の報を受け、本誌は今一度彼の歩んできた長い道のりとその魅力を見つめ直していくことにした。掲載されたインタビューは、約10年ぶりとなるオリジナル・アルバム『タイム・トゥ・ラヴ』発表直前に行われた。彼の言葉、そして今なお名作と讃えられる作品で活躍したキーボードを通して、その偉大なる道程をたどる。

■特集1
◎演奏力強化セミナー プロに学ぶ!アンサンブル向上テクニック~対ベース&ドラム編~
いろいろな楽器が絡み合って生まれるバンド・サウンド。そこで最も気にすべ きなのが“アンサンブル”です。この企画では、3回にわたって良いアンサン ブルを築き上げるための策を考えます。前号の第1弾“対ギター編”では、上 モノ同士の永遠のテーマとも言える音のぶつかり、かぶり問題を追いました。 そして今回は“ベース&ドラム編”。リズム隊との間に起こりやすいグルーブ や音圧に関するテーマに、T-SQUAREの河野啓三が迫ります。同じくT-SQUAREの 坂東慧(d)、サポート・メンバーの田中晋吾(b)が贈るキーボーディストへ のアドバイスも必見。これを参考に、最強のアンサンブルを作り上げましょ う!

■特集2
◎THE BRAND-NEW MODELS OF YEAR 2007~最新キーボードを誌上プレビュー
先日開催された世界最大級の楽器フェアNAMMショー。今年も多くの新製品が登場、会場を賑わせた。どんなキーボードが出たのか早く見てみたい!ところだが、店頭に並ぶのはまだもう少し先のこと。そこでひと足早く、そんな“最新”モデルを誌上プレビューしよう。

■特別企画
◎音楽ツールの現在が分かる! DAW別ソフトウェア音源ガイド
現在もなお進化を続けるDAWソフトだが、そんな中、競争が激しくなっているのが今や音楽製作にはかかせなくなったソフトウェア音源との連携。単独製品に匹敵する本格的なソフトシンセやサンプラーなどが多数付属するケースが増えている。この付属音源に注目したのが本特集だ。想像以上に付属音源は個性的であり、DAW本体の機能以上と言ってよいほど。多くの製品では、そのDAW上でなければ付属音源も使えないようになっている。キーボーディストなら、どのような付属音源が使えるかもDAWを選ぶ大きな理由になるはずだ。

■ライブ・レポート
アンジェラ・アキ
上原ひろみ

■インタビュー
ボブ・ジェームス
Yo-Yo(SOFFet)
杉浦琢雄(東京60WATTS)

■ライブ・キーボード・セッティング
エマーソン北村

■匠の履歴書
渡辺貴浩

■ビンテージ・キーボード・ギャラリー
モーグCDX

■■プロ直伝 ヤマハD-Deckで変わるキーボード・スタイル
SunnyがMr.Childrenライブでのプレイを公開!

■スコア
スティーヴィー・ワンダー「レイトリー」
アンジェラ・アキ「On & On」
椎名林檎×斎藤ネコ+椎名純平「この世の限り」
オフコース「Yes-No」
槇原敬之「光~あなたを忘れない~」

■セミナー
エレクトリック・ピアノを極める 森 俊之
吉澤はじめのFREE ASSOCIATION AGAIN
大高清美流おるがん道~オルガン温故“創”新
使える音楽理論 香取良彦
ピアニスターHIROSHIのオタマジャクシ白書~譜面が苦手な貴方に贈るアドバイス

■ビギナーのための初級講座 キーボード学園
博士と覚えるシンセ基礎知識
ABCを味方にしよう レッツ!コード弾き
簡単!役立つ!レコーディング入門
キーボーディストのお悩み相談室

■コラム
浅倉大介のSynthesizer Wonderland~シンセサイザーな毎日
ピアノ解体新書 三柴理&Clara
オルガン・プレイヤーズ列伝 KANKAWA
what a deep accordion world! coba
and more...

■製品レビュー
ネイティブ・インストゥルメンツMassive
シンソジーIvory Italian Grand
アルティメイト・サウンド・バンクRetro Organs