MAGAZINES

キーボード・マガジン 2006年10月号

定価796円(本体724円+税10%)

品種雑誌
仕様A4変形判 / 200ページ
発売日2006.08.28

この商品は現在、在庫切れとなっております。

オンライン直販について

フォローする

内容

表紙/アーティスト特集:ダニエル・パウター

表紙:ダニエル・パウター

■アーティスト特集
◎ダニエル・パウター
初の来日を果たしたカナダ生まれのピアノ・マン、ダニエル・パウターを特集。「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」はドラマの挿入歌に起用さ れ、洋楽では今年最大クラスのヒットを記録している。そんなダニエルがサマーソニック2006に出演のために来日。独占インタビューを敢行した。彼の人と なり、音楽への思いをチェックしてほしい。デビュー・アルバム『ダニエル・パウター』の聴きどころ、弾きどころもしっかり分析!

■特集
◎コンパクト・エフェクターで変わる!~定番の組み合わせで選ぶ現行機種カタログ
コンパクト・エフェクターはギタリストだけのもの、と思っている人はいないだろうか。確かに最近のシンセサイザーにはエフェクターが内蔵されてい るので、あえて外付けのエフェクターを使う必要はないかもしれな。でも、ライブ機材をチェックしてみると、プロ・キーボーディストの間ではコンパクト・エ フェクターがかなり使われている。アナログ・シンセにはディストーションやアナログ・ディレイ、ローズにはフェイザーやコーラス、クラビネットにはワウワ ウ......など、定番化している組み合わせもある。コンパクトならではのメリットを探ってみよう。

■特別企画
◎今すぐ身につく! アドリブの大原則
アドリブ。自分の感情を思いのままに音にして表現する......なんて素敵なんだろう。だけど現実は、ソロ回しの順番が自分に巡ってくることに戦々 恐々! 実はそんな人が多いんじゃないかな。何でも自由に弾いていいと思うと、逆に弾くフレーズを思いつかなくなってしまう。でもアドリブにも考え方の原 則というものはある。その原則を押さえて日ごろから準備をしておけば、急にソロを振られても、フレーズを思いつきやすくなるはず。怖がらずにチャレンジし てみよう。

◎モーグ・ミュージックLittle Phatty見参!
先月号でレポートした"MOOG Fest 2006"で1台のシンセサイザーがデビューした。それがモーグ・ミュージックのLittle Phatty。デジタル全盛のこの時代に誕生した生粋のアナログ・シンセサイザーだ。昨年8月に他界したロバート・モーグ博士の遺作ともいうべきこのモー グ・シンセには、アメリカを始め、世界中が注目している。日本上陸に先駆け、Little Phatty の誕生にまつわるエピソードや機能概要を紹介しよう。

■Interview
ティム・ライス・オクスリー(キーン)
ベネヴェント・ルッソ・デュオ
KAN
河合代介
コイチ(K-106)/Haya(サマースノーサプライズ)

■Event Report
FUJI ROCK FESTIVAL '06

■Live Leyboard Setting
松任谷由実

■Live Report
フジファブリック/GOING UNDER GROUND/ピアニスターHIROSHI

■名手の横顔
渋谷毅

■Score
◎アース・ウインド&ファイアー「セプテンバー」(斉藤修のジャジーに行ってみよう! :Piano Solo)
◎スキマスイッチ「スフィアの羽根」(Piano Solo)
◎B'z「Ocean」(Piano+Vocal)
◎ダニエル・パウター「ジミー・ゲッツ・ハイ」(Piano+Vocal)
◎SUEMITSU & THE SUEMITH「Astaire」(Electronic Organ)
◎ビリー・ジョエル「アレン・タウン」(Band)

■New Instruments
コルグRadias
コルグMicro-X
カシオPX-410
ケークウォークD-Pro/Z3TA+/Rapture
クリームウェアASB D4000 ASB
アートリアAnalog Factory

ビンテージ・キーボード・ギャラリー
モーグMemorymoog

■Seminar
◎ピアニスターHIROSHIのオタマジャクシ白書~譜面が苦手な貴方に贈るアドバイス
◎エレクトリック・ピアノを極める 森 俊之
◎シンセサイザー実用講座~Nordでサウンド・メイキング! SUNNY
◎吉澤はじめのFREE ASSOCIATION AGAIN
◎大高清美流おるがん道~オルガン温故"創"新
◎使える音楽理論 香取良彦
◎キーボーディストのためのボーカル講座 高田三郎

■Column
浅倉大介のSynthesizer Wonderland~シンセサイザーな毎日
ピアノ解体新書 三柴理&Clara
オルガン・プレイヤーズ列伝 by KANKAWA
what a deep accordion world! by coba
早川大地のEnjoy World Melody~世界を奏でろ
One Thousand 21st Century Keyboards 堀江博久
ピアノマン、転がる リクオ
Nao Anzaiのメルボルン通信 安齋直宗
作詞のリズムII 前田たかひろ
クージーのSee Me Hear Me Feel Me
フジファブリックの鍵盤ダイスケ

■ビギナーのための初級講座 キーボード学園
キー坊と博士のオンガク基礎知識
鍵盤図で弾けちゃうあの名曲フレーズ!
ABCのナゾを解く! コード虎の巻
キーボーディストのお悩み相談室