NATIVE INSTRUMENTS公認 MASCHINE徹底攻略ガイドブック

ひらめきがサウンドに直結する究極のビートメイク・ツール

2,700(本体2,500円+税)

品種書籍
著者橋本 洋(著)
仕様B5判 / 224ページ / プロジェクト・ファイル ダウンロード対応
発売日2018.12.20
ISBN9784845633371

紙の本を買う

内容

MASCHINEの解説書が登場

世界中のビート・メイカーから絶大な支持を得ているトラック制作ツール、NATIVE INSTRUMENTS MASCHINEの解説書がついに登場です。

16個のパッドやオーディオ・インターフェース機能などを備えたコントローラーと、サンプラー/シンセサイザー/エフェクター、それに打ち込みやミックスの機能を備えたソフトウェアからなる先進的なトラック・メイキング・システム、それがMASCHINEです。その圧倒的なポテンシャルを使いこなすために、本書ではチュートリアル形式で操作方法を解説していきます。

基礎編ではインストールから丁寧に解説。また、とにかく早く音を出してみたい方に、最短でビートを作る方法をご紹介しています。そのほか、ステップモードを使用した打ち込みや音色エディット、ベースや上ものの作り方も取り上げるなど、実践に即した流れになっているのも本書の特徴です。

応用編ではDAWと組み合わせた使い方やプラグイン、シンセ、エフェクト、そしてサンプリングなど、より深くMASCHINEを知るためのコンテンツをご用意。

これらはWEBからダウンロードできるプロジェクト・ファイルで実際に試しながら読み進めることが可能です。

MASCHINEユーザーの方も、まだそうでない方も、ぜひ本書を手にとってみてください。曲が作りたくてウズウズしてくること間違いなしです!

3118317105_IN01.jpg3118317105_IN02.jpg3118317105_IN03.jpg3118317105_IN04.jpg3118317105_IN05.jpg3118317105_IN06.jpg3118317105_IN07.jpg3118317105_IN08.jpg3118317105_IN09.jpg3118317105_IN10.jpg

【CONTENS】
■INTRODUCTION

01 MASCHINEとは?
02 MASCHINE MK3をオーディオインターフェースとして使用する場合の接続例
03 付属ソフトウェア
04 さまざまなジャンルに対応する拡張音源Expansions

■OVERVIEW

01 MASCHINE MK3ハードウェア
02 MASCHINEソフトェア
03 MASCHINEのストラクチャー
04 その他のMASCHINEハードウェア

■基礎編
◎PART 1 インストールとセットアップ

01 インストールの流れ
02 NATIVE ACCESSのダウンロードとインストール...Windows
03 NATIVE ACCESSのダウンロードとインストール...Mac
04 NATIVE INSTRUMENTSアカウントの作成
05 MASCHINEのアクティベートとインストール...Windows/Mac

◎PART 2 クイックスタート~初めてのビートメイキング

01 MASCHINEを起動する
02 MASCHINEソフトウェアからドラムキットをロードする
03 MASCHINEハードウェアからドラムキットをロードする
04 ドラムパターンを再生する
05 キックを打ち込んでみよう
06 クオンタイズでキックのズレを補正する
07 スネアとハイハットを重ねてみよう
08 パッドをミュート/ソロ演奏する
09 パッドの音量/パンを調整する
10 パターン名の変更/プロジェクトの保存

◎PART 3 ステップモード&パターンの編集

01 ステップモードでビートパターンを作成する
02 キックのエンベロープを調整する
03 クラップのサンプルを入れ替える
04 スネアのピッチを調整する
05 スネアをエフェクトで歪ませる
06 パターンのスイングを調整する
07 パターンのバリエーションを作る

◎PART 4 ベースと上ものを打ち込んで曲を組み立てる

01 グループを追加する
02 ベースの音色を探す
03 キーボードモードでベースを打ち込む
04 ピアノロールでフレーズを変更する
05 ベースの音色を調整する
06 シンセリードの音色を探す
07 コードモードでシンセリードを打ち込む
08 シンセリードの音色を調整する
09 シーンにパターンをアサインする
10 アレンジメントを作成する

■応用編

01 DAW上でMASCHINEを使用する
02 プラグインを使用する
03 オーディオ・プラグインを使用する
04 サンプラー・プラグインを使用する
05 Drumsynthを使用する
06 Bass Synthを使用する
07 エフェクトを使用する
08 モジュレーションを使用する
09 サンプリングを行う
10 MIDIコントローラーとして利用する
11 ライブパフォーマンスのためのヒント

■APPENDIX
KOMPLETE 12 SELECT
操作インデックス